ビール腹は改善できる?

ビール腹とは、世間一般で言われている意味あいとしてサラリーマンやおじさんが
ビールを飲みすぎて下っ腹がでている状態の事だと思われています。

しかし、ビール腹になる原因はビール事態ではなく一緒に食べる食事なんです。
思い返して考えてみると、ビールを飲むと食事がいつもより進みませんか?

家であればそもそも食事の量が大体決まっているので、
それほど太らないかもしれませんが、大抵の場合が、
飲み会などで居酒屋で飲むかと思います。
居酒屋の場合、ビールに合うように食事の味付けが濃くなっているので、
カロリーも高めの状態です。 太る要素が沢山ありますね。
カロリー高めで、しかも食べ過ぎてします。

こんな状態が続けば太るのは当たり前の話なんです。

ビール腹を改善するにはどうすればいい?

ビールに限らずアルコールを飲むと胃が活発に動くようになって食欲がわいてくるんです。
食べすぎないように気をつけるのが一番良いのですが、
なかなかよういうわけにもいきませんよね。

低カロリーのビールを飲んだりなど、多少は気をつけることも可能ですが、
あまり効果は期待できません。

おすすめの改善方法としては、酵素ドリンク、スムージーなどを使って
食事を置き換える方法です。ダイエット目的にも使われているのですが、
例えば、飲み会があって飲みすぎた場合は次の日の食事でカロリーコントロールするために
食事をドリンクに置き換えて摂取カロリーを制御します。

また、飲み会が開催される日にあらかじめカロリーを摂り過ぎないように、
1食置き換えておくなどしておくと、摂取カロリーを制限できるので、太っていくのを
制御できます。

一番怖いのがそのままいつも通りの生活をする事です。
普段から小食の方であれば問題ないかと思いますが、
食べ過ぎているのに、いつも通り食べていてはそのまま太っていってしまいます。

運動をしてエネルギー消費をしていれば問題ありませんが、
歳をとるにつれて運動もしなくなりますし、代謝も落ちていくので、
消費エネルギーが低下していきます。
なので、あるていど食事を制限したりする必要がでてきます。
酵素ドリンクやスムージーなどは、栄養がたくさん含まれています。
運動とは違って簡単にできるので、試してみてください。
ビール腹にならないように食べ過ぎたと思ったら、
すぐに改善するために実行すると良いですよ!